FC2ブログ
インフォメーション

医療福祉デザイン学科

Author:医療福祉デザイン学科
〒701-0193
岡山県倉敷市松島288

このブログは、医療福祉デザイン学科の
横田・植松・岩藤・合田・森・中村が交代でまったり更新しています。
目標、週2更新!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ

a peace of Paper

「今日は七夕」

気がつけばもう7月です。
なんと月日が経つのが早いのかと思ってしまいます。
みなさんいかがお過ごしですが?

今年はコロナの影響もあってか、色々と考えさせらるところもありますが
デザカの学生たちはソーシャルディスタンスを保ちながら元気いっぱい制作しています。
今日はすこし授業をのぞいてみてください。

IMG_0715.jpg

IMG_0661 (1)
さて、今回彼女らに渡された素材は。。。1枚のケント紙!
これを曲げたり、切ったり、貼ったりして制作を進めます。。。。

IMG_0670.jpg
まずは、自分の顔をモチーフとした作品が完成しました!!
この課題これで完成ではありません。

IMG_0696.jpg
このアングル、ちゃんとソーシャルディスタンスも保っていますョ!

IMG_0710.jpg
今度は完成した顔をモチーフにして鉛筆描写していきます。
良い感じに構図を考えて。。。。

で、最後は
IMG_0718.jpg
色彩構成。

IMG_0716.jpg
紙そのものの立体表現と鉛筆描写、そして色彩構成。。。
表現方法を組み合わせて制作していきます。

「a peace of Paper」

1枚の紙から色々な表現を楽しみながら学んでいきます。
こんなデザカの日常はこちらでもご覧頂けます。

今日はあいにくの雨ですが、「おりひめさま」と「ひこぼしさま」がうまく出会えますように。

シーユー

ヨ ウエマツ
スポンサーサイト



好きこそものの上手なれ

7月3日、金曜日。
金曜日になると妙にワクワクするタイプの方の人間、
中村です。
(そういえば「プレミアムフライデー」とやらは何処へ…)

「金曜日」といえば、、、
金曜図工クラブ!
(は?なにそれ?と思われた方はコチラ(過去ブログ)をどうぞ!)

20200703-1.jpg
(版画室のホワイトボードの様子)

放課後のモノづくりクラブとして、発足して約3年。
今は金曜日に縛られず、学生からの要望があった場合に
その都度開催しています(現在はコロナ禍のため休止中)。

20170902-1.jpg

20200703-2.jpg

20200703-3.jpg

20200703-4.jpg

活動休止中なのですが、
実はもうすでに1年生数名からオリジナルTシャツを作りたいとの
要望も寄せられているのです…(嬉しい!)
もう少しコロナが落ち着いた時期を見計らっての活動再開を考えて
少しずつ動いていますのでもうしばらくお待ちを!



私の学生時代の話になるのですが、
大学2年生の後半からシルクスクリーンやステンシルでのTシャツ制作にハマり、
先輩・同級生とグループを結成して
イベントへの出展やカフェでの販売をさせてもらっていました。

イベントで初めて自分のTシャツが売れた時、
デザインをして初めて「デザイン料金」を頂いた時の光景は
十数年経った今でも鮮明に覚えています。
またその時知り合った方とは
展覧会を一緒にしたり、仕事を頼んだり頼まれたりするなど
今でも親交があります。
(学生時代の話で唯一自慢できるエピソードかもしれません…)

大学で専門の勉強・研究に励むのはもちろんですが、
自分が好きなモノやコトについて
とことん追求できる「時間」があるのも学生の特権です。
大学内だけにとどまらず、
ぜひ外へ出て色々な人と出会いましょう。

『好きこそものの上手なれ』という言葉があるように、
好きなモノやコトについて誰かに“語れる”ようになると、
きっとそれらの知識も技術も身についた証拠だと思います。

「これについて語らせたら日をまたいでしまうぜ!」ってくらい
熱中できるものに、
学生の間にぜひ出会ってもらいたい!と
なぜだか急に熱い感じになってしまった
花金(死語!?)の夜なのでした~。

ではまた。



中村


本日の一曲
〈♪I Like It / koncos〉

卒業制作の展示

こんにちは。

梅雨空の倉敷では今日も雨がたくさん降っています。
2018年7月7日の西日本豪雨から2年が経とうとしています。

被害の大きかった真備町では、
あちらこちらの田んぼで田植え作業を終えています。
当時は水害で農機具も自宅も悲惨な状態でしたが、
美しい田園風景が蘇り、
張り切って作業をされている姿を見ると嬉しく思います。

20200630_0.jpg

そして2019年2月に、医療福祉デザイン学科の学生たちが
ボランティアで活動した「ひな人形づくりワークショップ」
のことを思い出します。

学生やご参加くださった親子のイキイキとした表情、
たくさんの方に参加していただいた上、
多くのマスコミ取材も来られました。

20200630_1.jpg

20200630_2.jpg

あの頃は、開催場所でお借りした児童館も仮設でしたが、
再オープンされたそうです。

また、イベントができる時が早く来ることを願いつつ、
先日は、川崎医科大学附属病院で
医療福祉デザイン学科が管理をしている
ギャラリーホリスティックの
展示作品の入れ替えをおこないました。

20200630_3.jpg

卒業制作選抜展示 第2弾として、
【入院時のためのベッドで寝ながら遊べるおもちゃ提案】と
【手が不自由な方のためのコスメパッケージの提案】の
パネル展示をしています。

20200630_4.jpg

20200630_5.jpg


2020年卒業制作の内容は、
医療福祉デザイン学科のホームページからもご覧いただけます

今週土曜日は、密を避ける工夫をしながら、
4年生の卒業制作 成果物発表会をおこないます。
今年初めて卒業制作の進捗を確認する機会です。

担任としては楽しみでもあり、ドキドキです。

(森)

ユニバーサルデザインについて知ろう!

こんにちは。

こちら某自転車屋さんにあった看板です。
20200626-1.jpg
「雨の日:不定休」…こんな風に生きていきたい。

…働きます。最近、「医療福祉デザイン学科では
ユニバーサルデザインが学べますか?」
というご質問をいただきました。
イエスオフコース!とお答えしたと同時に、まだまだ発信が足りないなあ、と
思ったのでブログでもあらためてご紹介しますね。
叶姉妹も、繰り返しご紹介することが大切です。と言ってました。

医療福祉デザイン学科は、2000年に
誰にでも使いやすいデザインを考案するユニバーサルデザイナー
を養成するために誕生しました。その後、対象を社会全体に広げ
「当事者の立場に立ったデザイン」とは何か?を追求しています。

私は2000年にちょうど普通科高校の3年生。
デザインに興味はあるけど絵は好きなだけで下手だし、自分がプロになるなんて出来ない
と考えて、栄養士の資格を取れる某大学を志望していました。
でも、もうすぐセンター試験だ、という時期にユニバーサルデザインの事を知り、
人の役にたつデザインってすごい!!と思って進路変更しちゃいました。
人生何が起こるか分からないですねえ。私は本当によかったと思ってます。

でも、学ぶってなかなか難しそうではないですか?
難しくて分厚い専門書を何冊も読まないといけないでしょうか?

いえいえ、どうやったら楽しく学べるか?も大事なデザインです。
特に、当事者ではない私たちがバリアを持った方々のことを
知りたい、知ってほしい、と思った時には、簡単に分かる、という
とっつきやすさがとても大事なんです。
1年生の授業「ユニバーサルデザイン論」の1コマでは、
学生達におススメのコンテンツを紹介してもらいました。

まずは王道、マンガで分かる!
最近はツイッターで自分の体験を連載している方もいます。
書籍化やドラマ化されたりすると、より色んな形で知ることができますね。
20200626-7.jpg
「凪のお暇」
20200626-5.jpg
「聲の形」

お次は映画。エンターテイメントとして楽しみながら、
考えるきっかけにもなります。
20200626-8.jpg
「円卓~こっこ、ひと夏のイマジン~」
20200626-9.jpg
「HIDDEN FIGURES」

絵本は、分かりやすさナンバーワン!すぐに読めるのも魅力です。
20200626-10.jpg
「どんなかんじかなあ」

当事者の人からお話を聞いた体験や、社会で行われているサービスや
情報提供についてシェアしてくれた人もいました。
20200626-6.jpg
「性同一性障害の先輩による講演」
20200626-3.jpg
「発達障害のある小中高生向け放課後等デイサービス」
20200626-4.jpg
「ハートシティ東京」
『岡山にもあったらいいな』とコメントが。
これってデザインの種ですね。

ということで、今日のピックアップ記事は「UD体験会」です。
早島支援学校の生徒さんたちと一緒に岡山の町を歩き、デザインの種を探しました。

今週末は雨だそうです。お出かけにはちょっと…かもしれませんので
皆さんも、学生達のおススメ見てのんびり過ごしてみてください。

岩藤

今の大学のことなど

こんにちは。

一部の対面授業が解除され、
ちらほらとではありますが、
学生の姿を目にするようになりました。

大学では、新型コロナウイルスの感染予防対策が
どのようになされているのでしょうか。
少しだけですが、学内の様子をみてみましょう。

エスカレーターの前には、
消毒用のアルコールが鎮座しています。

20200623-1.jpg

消毒用アルコールは、
学内のあらゆるところに設置されています。
わたしもよく使用します。
写真はありませんが、
事務室には飛沫感染防止用の
透明のカーテンも設置されています。

通常ならば、食事をしたり、休憩したりと
たくさんの人が集まる学生ラウンジは、
現在、三密を防止する観点から使用が禁止されています。

20200623-2.jpg

人気がありません。

デザイン学科すぐ近くラウンジも
「使用禁止」の張り紙が…

20200623-3.jpg

たくさんあるイスも窓際にまとめられています。

20200623-4.jpg

できる限りの対策がなされているといえそうです。

ただ、やはり学生のいない大学はさみしいものです。
昨年の今頃は、演習の授業で、
病院での壁面装飾の準備、病院でのプレゼンを目前に控え、
慌ただしくしていました。
手元のメモでは、6月27日に病院に訪れ、
プレゼンを行っていますので、
まさにちょうど1年前ですね。
実施の様子は昨年もご紹介しましたが、
そのときの写真はまだまだありました。
何枚か紹介してみましょう。

20200623-5.jpg

20200623-8.jpg

20200623-9.jpg

20200623-6.jpg

みんな集中して作業をしています。
また病院でのプロジェクトが実施できますように。

そうそう、大学の売店が改装されました。
学生が戻ってくる準備は万端でしょうか?

20200623-7.jpg

早く大学に学生が戻ってきますように。

(合田)