fc2ブログ
インフォメーション

医療福祉デザイン学科

Author:医療福祉デザイン学科
〒701-0193
岡山県倉敷市松島288

このブログは、医療福祉デザイン学科の
岩藤・合田・森・中村・山形が交代でまったり更新しています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ

新入生歓迎レクリエーションが行われました

こんにちは。
随分と更新の間隔が空いてしまいました。
申し訳ございません。

この間、卒業生を送り、新入生を迎え、
授業がはじまり、日々の業務を送っていると
気が付けば5月も終わりそうだという状態です。
私の周辺だけ時空が歪んでおり、
時間が早く進んでいるのでないかと疑ってしまいます。
(そんなSFのようなことはありえないですよね)

さて、先日、新入生歓迎オリエンテーションを
1、2年生、編入生、転学科生たちと教職員で実施しました。
コロナ禍以前は、倉敷の美観地区において行わっていたのですが、
今年度は、昨年と同様、学内で感染対策を行ったうえでの実施です。
2年生の企画・運営によるゲーム大会です。

20220525-1.jpg

自己紹介がわりのババ抜き、お絵描きによる伝言ゲーム、
全員でのクイズ大会が行われました。

個人的には、お絵描きによる伝言ゲームが
とても面白かったです。
テレビのクイズ番組で見たことがありますが、
簡単だろう、と思っていました。
しかし、やってみるとこれが難しい。
短時間で相手に伝わる絵を描くことの
たいへんさを肌で感じました。

人の描いた絵をみるのもとても楽しいものです。
ふたつほど紹介してみましょう。

その1。
20220525-2.jpg

その2。
20220525-3.jpg

皆さんはこれらの絵が何を描いているのかわかりますか?
答えは最後にまとめて記しますので、
伝言ゲームをやっているつもりで考えてみてください。

最後のクイズ大会での優勝者には賞品が授与されます。

20220525-4.jpg

全10問の2択問題にチャレンジして、
全問正解した人は――8名でした。
最後はやっぱりじゃんけんで決めます。

20220525-5.jpg

たいへん盛り上がったと思います。
2年生の皆さん、企画・運営してくれてどうもありがとう!

最後に今更ですが、1年生、編入生たちの
桜の木の下での集合写真です。

20220525-6.jpg

楽しむときはしっかり楽しんで、
またこれから頑張っていきましょう。

(合田)

(答えは、その1=アヒル、その2=ワニ、でした)
スポンサーサイト



卒業式を前に

こんにちは、中村です。

先日雨が降る中、
新しいロッカーの運び込みをされていました。

220320-1.jpg

新年度がすぐそこまできているんだな〜と
改めて実感しました。


さて、3/1〜6まで、
倉敷市立美術館で卒業制作展を開催し、
無事に会期を終えました。

220320-2.jpg

このような状況下の中での開催でしたが、
多くの方に足をお運びいただき感謝申し上げます。

学生たちにとって、
何ものにも代え難い貴重な経験となったことだと思います。

ご来場いただき誠にありがとうございました。

また現在、
医療法人 平病院さんで今年も選抜展を開催中です。
お近くにお立ち寄りの際には
どうぞよろしくお願いいたします。

220320-3.jpg

【川崎医療福祉大学 医療福祉デザイン学科卒業制作選抜展】
会期:3/15〜3/30
時間:8:30~17:00(最終日16:00まで)
場所:平病院 院内ギャラリー



一昨日の金曜日のことですが、
4年生から3年生へ卒業制作展の引き継ぎ会が行われました。

220320-4.jpg

今年も卒業式には在学生が参加できないため、
この日が4年生と会える最後の日。

220320-5.jpg

3年生からサプライズプレゼントが!

220320-6.jpg
220320-7.jpg

贈られたハンカチは、
花の柄が一人ひとり違うとのこと。
社会人になっても
後輩たちのことを忘れないでいてほしいです。

そんな4年生(19期生)ですが、
いよいよ明日、卒業を迎えます。
(4年間あっという間でしたね…)



(19期生担任)
中村



本日の一曲
〈♪新しい人へ / 海援隊〉

メディカルイラストレーション instagram

こんにちは。山形です。
まだまだ寒い日が続きますね。

私ごとで恐縮ですが、1年前に喉頭蓋炎を罹患しました。

ちょうどこの秋学期に学生が咽頭部の矢状断(「しじょうだん」と読みます)
を描いたのでそれと共に説明しますと。。(21期生.H.Hさん作)
20220224_1.jpg
©川崎医療福祉大学 医療福祉デザイン学科


図の黄緑色でマークした部分が腫れ上がる疾患でして
唾液を飲んだだけでも焼けるように痛いのです。

メディカルイラストをやっていると、
だんだんと部位名称が頭の中に入ってくるのですが、
なんとなーーーく痛みの箇所が扁桃腺ではないなと。。
鏡の前で口を開けてみても、一見腫れていないぞと。
それに何か詰まってる感覚がするぞと。。
飲食時に痛いということは、
嚥下(えんげ)に関わる何処かだとは思ったのですが、
ファイバー突っ込んで見るまで、
まさかこの喉頭蓋が腫れてるとは思ってもみなかったのです。

えっ!ここって腫れるの?!
と衝撃を受けました。

この疾患、悪化すると気管を塞いでしまい呼吸困難になるので
原則入院下での治療らしいです。
(入院中は毎朝のファイバーが辛いです。仕方ないですね。)

今の時期、風邪の症状と非常に紛らわしいので
(コロナの症状とも紛らわしいですね)
こんな疾患もあるんだなぁと思っていただければ幸いです。
以上前置きが長くなりましたが、本当は怖い喉の痛みでした。


さてさて、今回学生の制作した矢状断図を掲載させて頂きましたが
メディカルイラストレーションコース(通称MIコース)では
学生作品がコンスタントに見られるインスタ(@medical_illustration_k)
を開設いたしました。
https://www.instagram.com/medical_illustration_k/

20220224_2.jpg



学生の力作や添削動画を掲載しながら
医学系イラスト系の豆知識や、
やってみた系なども投稿しておりますので
是非是非ご覧くださいませ。

手描き、2DCG、3DCG、アニメーション、3Dプリンター出力などなど
色々な視覚伝達表現を目指してやっております。



20220224_6.jpg
©川崎医療福祉大学 医療福祉デザイン学科

20220224_4.jpg
©川崎医療福祉大学 医療福祉デザイン学科

20220224_3.jpg
©川崎医療福祉大学 医療福祉デザイン学科


今年はXRの試作も考えておりますので
是非是非近況のご確認にいらして下さいませ。




また、3月1日(火)〜3月6日(日)まで
倉敷市立美術館にて卒業制作展を開催予定です。

以前書かせて頂いた発表会の全貌をご覧になって頂けます。
(以前の記事→ http://kumwdesign.blog.fc2.com/blog-date-202112.html


4年間の集大成、ぜひ皆々様にご高覧いただけますと幸甚に存じます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

20220224_7.jpg



(ヤマガタ)

テーマ:教育
ジャンル:学校・教育

「見えない」に向き合うプロジェクト

こんにちは。
今年は成人式があちこちで行われ、医療福祉デザイン学科の2年生たちも
オシャレして出かけたようです。
同級生たちとわいわい、というのは難しい今日この頃ではありますが
我慢の多い大学生活のなか、思い出が増えるのは良いことだと思います!

そんな2年生、年明けにビジュアルコミュニケーションデザインコースの学生が
視覚障碍者多機能型事業所「みずのわ」にお邪魔しました。
昨年8月にオープンしたばかりの施設を見学をさせていただき、
当事者の方の自立を目指す施設に対して
自分たちに何ができるのかを考えてきた学生たち。

まずは施設のロゴマークについてプレゼンテーション。
学外で発表するのは初めてですが、
皆しっかり自分のアイデアをアピール出来ていました。
20220113-2.jpg

続いては、施設内外に対するデザインアイデアの現地検証です。
(一連の作業は、感染症対策をしっかり講じた上で行いました)

20220113-3.jpg
20220113-8.jpg
建物の外から情報を伝えるための計画。
どのくらいの距離から見えるか?ぱっと見て伝わるか?など
見た目の美しさはもちろん、機能も大切です。

20220113-7.jpg
20220113-1.jpg
20220113-4.jpg
20220113-5.jpg
20220113-6.jpg
触感を活かしたエントランスの立体オブジェや
建物内の壁を触りながらスムーズに移動するための導線計画。
来館者に「楽しい」を感じてもらえる工夫をしました。

20220113-9.jpg
自立支援のためのワークスペースのインテリア計画。
弱視の方でも作業がしやすい色彩と、仕事場としての
かっこよさ、心地よさを追求しました。

20220113-10.jpg
また、そんな「みずのわ」の取組や商品をたくさんの方に
知ってもらうための情報発信計画も。
興味がない、知らない、という人にも手に取ってもらうためには
目を引くデザインが欠かせません。

実際に設置してみると、教室では大きく見えていた模型が
思ったより小さかった!など色々な発見があります。
また、所長の木本先生からは「ステキなアイデアがたくさんで楽しい」と
嬉しいお言葉もいただきました。

ビジュアル(視覚的)コミュニケーションを学ぶ学生達が
「見えない」と向き合った今回のプロジェクト。
デザインに出来る事ってたくさんあるんだな、と実感できたのではないでしょうか。
貴重な学びの場をいただいた「みずのわ」様、プロジェクトの
ご提案をいただいた視能療法学科の田淵先生、ありがとうございました!

特定非営利活動法人岡山県視覚障害者自立支援センター
【視覚障碍者多機能型事業所 みずのわ】のFacebookはこちら

(岩藤)

就職活動に向けて

こんにちは。

先日、大学最寄りの中庄駅で
寝台列車を見かけました。
トワイライトエクスプレス瑞風。
存在感が半端ではありませんでしたので、
思わず写真を撮ってしまいました。

20211201-1.jpg

ホームページによると、
先頭の部分は展望台になっているようです。
(第一印象がアメフトのヘルメットみたいだと思いました。ごめんなさい)

20211201-2.jpg

新大阪~下関間を山陽もしくは山陰まわりで
1泊または2泊かけて巡るようです。
頭文字のMと天使をあしらったマークも恰好良いです。
豪華寝台列車、ぜひ1度乗って旅をしたいものです。

さて、医療福祉デザイン学科の近況について
3年生を中心にいくつか書いてみたいと思います。

10月から11月にかけて、
学園の施設で3週間の学外実習が実施されました。
こちらは附属病院の医事課での実習生の
事前打ち合わせの様子です。

20211201-3.jpg

マスク越しにも学生たち緊張しているのがわかります。

おかげさまで実習は無事に終了しました。
ワクチンは接種済みですし、
実習中は、不織布マスクと飛沫防止メガネを着用するなど
新型コロナウイルスの対策がなされたうえでの実習でした。

実習最終日に行われた振り返りの会では、
学生たちがそれぞれ実習期間中に
印象に残った業務や反省点などを述べました。

20211201-4.jpg

病院の業務を経験することで、
医療福祉の現場を垣間見ることができたのではないでしょうか。

20日には、3年生保護者就職懇談会が開催されました。
就職対策の現況と今後の指導方針などについて
保護者の方ともに共有する機会となりました。

20211201-5.jpg

20211201-6.jpg

これから3年生は、就職活動を迎えます。
実習での経験や親御さんとのやり取りのなかで
今後の進路について考えを固めていくことでしょう。

また、認定医療デザイナー検定の
ガイダンスの予定が発表されています。

20211201-7.jpg

医療福祉の現場で働くデザイナーとなるため、
ぜひ合格してほしい。
これから各授業での課題も煮詰まってきます。
忙しい毎日が続きますが、体調に気をつけながら
秋学期の残りの学生生活を過ごしましょう。

(合田)