FC2ブログ
インフォメーション

医療福祉デザイン学科

Author:医療福祉デザイン学科
〒701-0193
岡山県倉敷市松島288

このブログは、医療福祉デザイン学科の
岩藤・合田・森・中村・山形が交代でまったり更新しています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ

ホスピタルデザインのこと その2 ~イベント編~

こんにちは。

今朝、医療福祉デザイン学科がある3階へ向かう途中、
2階を歩いていると、8時30分からオープンしている
美味しいパン屋さんのパンの匂いに誘われて、
ついつい写真を撮ってしまいました。
20150425_1.jpg

いつも焼き立ての美味しいパンが揃っています。
撮影したのが朝一番だったので、お客さんはいませんでしたが、
昼時にはすごい行列ができ、次から次へと焼き立てのパンが並びます。
昼食に困ったときはここでお世話になる、パン好きな森です。
(こんなことを書くと学生の含み笑いが聞こえてきそうな気がしますが・・・)

前回、岩藤先生がとても楽しそうな親睦会の様子を報告してくださったので、
今回はまた、病院の仕事について綴ろうと思います。

以前、医療福祉デザイン学科のホスピタルデザインが目指す
病院の企画広報という職種が担う業務について、
「病院のファン作り活動」と書きましたが、
http://kumwdesign.blog.fc2.com/blog-entry-325.html
では、実際に病院の中では具体的にどんな仕事があるのか、
一部をご紹介します。

例えば、一番分かりやすいところでいくと、
健康教室や見学会の企画・運営です。
健康教室などのイベント企画は、医療に適した広報活動の場と
いえます。特に、その病院内で開催し、医療・健康情報を
発信することは病院のファン作りをおこなう好機会となります。

では、イベントの企画・運営とはどんなことをするかというと、
医師をはじめ、院内の医療スタッフと開催日程・内容を決めます。
内容が決まると、チラシ作成をし、ホームページや広報誌、
掲示物などで告知をします。
告知の際、地元の新聞社などへも情報を送るので、
時には取材に来ていただくこともあり、その場合は取材対応もします。
開催前になると、必要物品や講演者の配布資料を確認します。
当日は、会場の設営、受付、参加者の対応、講演者の対応、
記録写真撮影のほか、司会進行をすることもあります。
20150425_2.jpg

そして、肝心な仕事は、来場者の反応を自分の目で確認し、
開催の前後で出来る限り、来場者とコミュニケーションを図り、
次の開催へつなげることです。

定期的に開催していて、リピーターが多いイベントでは、
顔なじみの方との会話がはずみます。
参加者が満足そうな笑顔で帰り、顔なじみの参加者が
次回、友達を誘って来てくれると「ファン作り大成功!」であり、
「クチコミってすごいな~」と感じる瞬間です。

もっともっと書きたいことは山ほどありますが、今回はこのあたりで。

おまけ写真・・・
20150425_3.jpg
私が病院で勤いていた頃、
川崎医療福祉大学の医療福祉デザイン学科の学生が病院実習に来た際、
病院の「スマイルプロジェクト」のための
職員が身につけるバッジのデザインを考えてもらいました。
限られた実習時間の中でしたが、デザイン案を提出してもらい、
その後、ホスピタルキャラクターとかけあわせてアレンジし
完成したのがこのバッジです。

現在、この病院の職員さんが皆、身につけています。
「笑顔でおもてなしの対応を心がける」意識づくりのためのツールです。
基本は缶バッジですが、職種によって不都合がないように、
ビニール製のものや名札にシールを貼るなど、
素材が違うバリエーションがあります。

病院の企画広報って、いろんな仕事があって楽しいですよ!
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント