FC2ブログ
インフォメーション

医療福祉デザイン学科

Author:医療福祉デザイン学科
〒701-0193
岡山県倉敷市松島288

このブログは、医療福祉デザイン学科の
岩藤・合田・森・中村・山形が交代でまったり更新しています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ

医療福祉とデザイン

こんにちは。
朝晩が冷え込み始めた岡山です。
昨晩、出しそびれた家族達の厚地の掛け布団を、
急いで出し、天気が良かったので布団も干し・・・と、
今朝はいつも以上に慌しい朝を迎えました。

さて、医療福祉デザイン学科のホスピタルデザインコースの
教員は、今週、旭川荘療育・医療センターを訪問してきました。
「入所者はもちろん、ご家族や職員にとって、
施設内をデザインの力でより良い環境にしたい」
という要望を受けて、秋学期の授業で、
ホスピタルデザインコースの学生がデザイン提案を
させていただくことになりました。
いろいろと写真も撮影させていただいたのですが、
今後の経過をお楽しみに!

続いて、ホスピタルデザインコースの先生方と
別行動をして、私は、3年生の学外実習先の
病院へお邪魔してきました。

20150911_1.jpg

「実習はどぉ?」という私の質問に
「いろんな事を体験させていただいて楽しいです!」
と笑顔で応える彼女。
現在、準備中のプロジェクトで使用するロゴのデザインや
スタンプカードなどのデザインをさせていただき、
院長先生や病院のご担当の方にも「気に入った」と
言ってくださり、提案したものが、実際に
使用していただけることになるようです。
前回の岩藤先生の記事にもありますが、
やっぱり、自分で手がけたものが公共の場で
活躍できるって、嬉しいですよね。
それが、医療の現場で役に立つとなおさらです。

8月23日の中国新聞では、
岩藤先生の素敵な笑顔が輝いています!
ご覧になった方もいますよね!
20150911_2.jpg
記事の詳細はこちら

医療の現場に、デザインやアートを導入する
動きが広がってきているという事例をご紹介しています。

スウェーデンのように、
「病院のような公共の建物は、
建築費の1%をアートに使うべし」
という法令がある国もあるほど、
環境というのは、人の心や行動に
影響を与えるのではないでしょうか。


スポンサーサイト



Comment

非公開コメント