FC2ブログ
インフォメーション

医療福祉デザイン学科

Author:医療福祉デザイン学科
〒701-0193
岡山県倉敷市松島288

このブログは、医療福祉デザイン学科の
岩藤・合田・森・中村・山形が交代でまったり更新しています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ

夏の終わりに2018

「♪な~つのお~わ~り~~…」
森山直太郎のきれいなファルセットが
頭の中で無限ループ中。
8月も最終日となりました。

夏休み期間中の大学では、
先生方と食堂へランチに行くこともしばしば。
昨日は真鍋先生・横田先生・植松先生と4人で行ったのですが、
横田先生が隠し撮りをしていたらしく、
夕方に「半分、植松先生。ブログにどうぞ。」と写真が送られてきました。
記念に載せておきます。

20180831-1.jpg

この夏といえば、
DA PUMPの「U.S.A.」が流行りましたね。
80年代を感じさせるユーロビートな曲調と、
シュートダンス(いいね!ダンス)で一気に再ブレイク。
「ダサかっこいい」CDジャケットでも話題になりましたね。

20180831-00.jpg
(参照:http://dapump.jp/)

インスタントカメラの「写ルンです」が若い女の子に流行ったり、
平野ノラや登美丘高校ダンス部のバブリーダンスなど、
90年代初頭のバブル期をモチーフにしたものが注目されたりと、
世の中は空前の “リバイバルブーム” ではないでしょうか。

「リバイバル」といえば、
私事ですが、これまで長らく無趣味だったのですが、
この夏、再び趣味と言えるものができました。

それは



ヨーヨーです!


1997年、
小学生のバイブル「コロコロコミック」で紹介されたことをきっかけに
全国各地の子どもたちの間で一大ブームになりました。

20180831-2.jpg

当時小学6年生だった中村少年もその一人。
アメリカからやってきたそいつの名は、
「ハイパーヨーヨー」。
中村少年の心を一気に鷲掴みにしました。

日本では1970年代にコカ・コーラの販促品をきっかけにした第一次ブーム、
1980年代にスケバン刑事による第二次ブーム、
そしてバンダイのハイパーヨーヨーによる第三次ブームへと続きます。

ハイパーヨーヨーは技のレベル認定があり、
全国各地のおもちゃ屋さんで認定会を開催していました。
僕も週末には街のおもちゃ屋さんに出かけて
参加していました。

20180831-3.jpg

ヨーヨー自体のプロダクトやロゴにも惹かれましたし、
中村名人」というシンボル的存在のプロパフォーマーや、
子ども中心のヨーヨーのプロ集団がいたのですが、
そこのチームに入りたいと憧れながら、
友達と技を競い合って夢中でした。

この一連のハイパーヨーヨーブームは、
マンガやアニメ、ドラマなどのメディア各種を多用し、
まさに“クロス・メディア”を使ってヒットさせた商品の一つだったなと、
20年を経て改めて考えさせられました。

思い返せばものすごくデザインされたプロモーションでした。


そんなヨーヨーも年月が経ち、遠くの存在になっていたのですが、
たまたまYoutubeで現在のヨーヨー大会の様子を観て
再び心を鷲掴みにされたのです。

ヨーヨーの世界大会は現在も開催されおり、
しかも日本人が上位を独占しているではないですか。
さらにその上位入賞者の中には
僕と同じハイパーヨーヨー世代の方も多くいることを知ったのです。
…かっこいい…買お!

即ネットで最新のヨーヨーを購入しました。

現在、新たな技を習得すべく、
仕事の気分転換がてら家で練習している毎日です。

20年を経て再び出会った趣味として、
これからも続けていきたいなと思った
2018年 平成最後の夏なのでした。

長々と取りとめのない話になってしまいましたが、
夏休みバーションとしてたまにはこんなブログも良いかな…。

それではまた!



中村



本日の一曲
< ♪ U.S.A. / DA PUMP >
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント