FC2ブログ
インフォメーション

医療福祉デザイン学科

Author:医療福祉デザイン学科
〒701-0193
岡山県倉敷市松島288

このブログは、医療福祉デザイン学科の
岩藤・合田・森・中村・山形が交代でまったり更新しています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ

これぞ、手作りヘッドマーク

この度の「台風19号」により被災された皆さま、ならびにそのご家族の方々に心よりお見舞い申し上げます。
また被災地の1日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
                                          デザカ一同



もう10月ですね、今年も残すところ2ケ月を切りました、本当に時間が過ぎるのが早いと感じます。
10月14日と言えば、新橋~横浜間に最初の鉄道が開業したことを記念する我が国の記念日です。

そのため鉄道各社は数多くのイベントを実施しております。
ワタクシも地元兵庫で鉄道のワークショップを開催してきました。
今回はそのレポートです。

今回ワークショップを実施したのは、兵庫県川西市の起点とする能勢電鉄株式会社です。
大阪から阪急宝塚線またはJR宝塚線で約20分で乗り換えです。
この能勢電鉄は地元ではのせでんの愛称で親しまれております。
沿線には、かの三ツ矢サイダー発祥の地があります。
終点は日本一の里山と名高い黒川地区やベットタウンとして名高い日生中央へと続き、
平日は通勤客、土日祝日は行楽客が利用し沿線は賑わっています。

preview10.jpg
「三ツ矢サイダー発祥の地(*工場跡)」

この鉄道ワークショップは、鉄道のマストアイテムであるヘッドマークを電車の車内で制作し、完成後はのせでん電車に取り付けるものづくりのワークショップで、2013年に第一回目を開催してから今回で通算8回目の開催です。

ただヘッドマークを作成するだけではなく、要所要所に驚きと発見を用意しています。
まずはワークショップの開催場所です。
それは、本物の電車の車内!
普段移動手段として、通勤通学などに利用されている電車の車内がワークショップ会場です。

IMG_7713.jpg
IMG_7741.jpg
PA135378.jpg
PA135443.jpg
「ワークショップ用に特別に運行する電車は、専用のヘッドマーク、車内には中吊りや戸袋部分にこれまでのデコるヘッドマークのアーカイブズを展示、1両が約19mある電車の車窓にはワークショップをイメージした装飾を施しています。」

IMG_7744 (1)
「このように車内でヘッドマークを制作していきます。」
「事前応募で参加いただきましたご家族連れや子供さん、そして鉄道愛好家の方まで多くの皆様にご参加いただきました。」

PA135447.jpg
「ヘッドマークは全部で4点制作しました、そのうちの1点です。」
「参加者からは自分たちが作ったものを電車につけれるといった声もありました。」

さてこのヘッドマーク、10月26日から11月24日まで開催される、のせでんアートライン2019期間中
能勢電鉄妙見の森ケーブルの車に取り付けられます。

のせでんアートライン2019のお越しの際は、ぜひこのデコるヘッドマークをご覧ください。

それでは、また。

ヨ・ウエマツ


スポンサーサイト



Comment

非公開コメント