FC2ブログ
インフォメーション

医療福祉デザイン学科

Author:医療福祉デザイン学科
〒701-0193
岡山県倉敷市松島288

このブログは、医療福祉デザイン学科の
岩藤・合田・森・中村・山形が交代でまったり更新しています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ

寝たきりの子どもの遊びを楽しくするデザイン、コンペ受賞!

こんにちは。
この度被害にあわれた方々が
1日も早く安心を取り戻せるよう、心よりお祈り申し上げます。

少しでも明るい気持ちになっていただけるよう、
今日は、雨の憂鬱を吹き飛ばすニュースからお届けします!
一般社団法人菊地誠22世紀医美支援事業団が主催する
「第5回 医美同源デザインアワード」にて、熊谷美樹さんが優秀賞を受賞しました!

20200714 (5)

国内外からの応募作品80点の中から、4年生(当時)の卒業研究として制作した
寝たきりで安静にしなければならない長期入院児のための
寝たまま遊べるトンネル型テント
が高い評価を得ました。

20200714 (6)

20200714 (7)

6種類のラインナップ。特設サイトで詳しくご覧いただけます。

自分のやりたいこと=「モノづくりが好き。楽しいおもちゃを作りたい」
誰かを助けること=「寝たきりの子が楽しく遊べる」
を上手く組み合わせた彼女は、制作中もとても楽しそうでしたよ。
(部屋ははちゃめちゃに散らかったそうですが、元々、という証言も…)

…余り暴露すると怒られそうなので、話題を変えますね。

これまでにもデザ科の考える「人の役に立つデザイン」は
たくさん話題になりました。
豪雨のニュースで、特に思い出すのがこの作品です。

20200714 (3)

「回覧板でまちづくり」
地域の防災をテーマに”防災=コミュニティーづくり”というコンセプトで
古くから住んでいる方と、新しく引っ越してこられた方の
コミュニケーションを作る仕掛けが盛り沢山な回覧板の提案です。

20200714 (4)

こちらは「岡山まちの夢アイデアコンテスト」で大賞・オーディエンス賞
をダブルで獲得しました。記事はコチラ
実は、この時対象になっていた地域が真備町・川辺。
昔水害が起き、この数年後に西日本豪雨で被害にあった場所です。
やはり備えは大切だとあらためて痛感しました。

そして、いざ災害が起こってしまった時に役立つ製品を開発した
卒業生もいます。

20200714 (1)

20200714 (2)

「もしも…のときの災害対応シューズ」。
災害避難時にガラスや釘から足裏を保護する
高機能インソールが内臓されていて、普段は小さくおりたためます。
こちらはデザ科の3期生が開発しました。記事はコチラ。

このほかにも、ブログの「おめでとう!」カテゴリを見ていただくと
学生達の取組がたくさんご覧いただけます。
人の役にたつ、に真剣に向き合い、カタチにした学生達は
みんないい顔をしていると思います。

よかったら、ぜひ見てみてくださいね~。

岩藤
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント